姉はヤンママ授乳中in熱海編・実家編【第2話】 「ねぇここでシてみない?」非日常感で脳内麻薬ドバドバ海中セッ○ス

【姉はヤンママ授乳中in熱海編in実家編】
熱海編お試し読みを読みたい方はコチラ
↓↓クリック↓↓

実家編お試し読みを読みたい方はコチラ
↓↓クリック↓↓

 

姉はヤンママ授乳中in熱海編のネタバレ

20代も後半になってくると、同年代の方が結婚するころになってきました。すると、当然のことながら、結婚式に呼ばれることも多くなってきました。

 

結婚式では男性同士よりも女性同士のほうが人間関係が複雑なようです。

式場の女性トイレではしょっちゅう悪口の応酬になるのだそうです。

 

そのため、比較的おとなしい彼女なのですが、結婚式が終わった後の夜はいつも機嫌が悪いのが定番でした。

この日も夜に食事に行きましたが、機嫌は悪かったです。

 

「私、結婚式大嫌いなの」

 

「何で?」

 

「だって、みんなの前で今からH三昧の生活を送ります~とか言っているようなものでしょ恥ずかしい…」

 

「女性ってそんなこと考えているの?」その発想に驚きました。

まさか、そんなにえげつないことを考えているとは…食事中は終始彼女の機嫌は悪かったです。その後、彼女の家に向かいました。

 

【姉はヤンママ授乳中in熱海編in実家編】
熱海編お試し読みを読みたい方はコチラ
↓↓クリック↓↓

実家編お試し読みを読みたい方はコチラ
↓↓クリック↓↓

 

姉はヤンママ授乳中in熱海編のネタバレ

 

「今頃、○○(この日の新婦さんの名前)はHしまくっているのかなぁ~」

 

僕を誘っているようでした。

 

「○○ってマンぐり返しで責められるのが好きなんだって~」

 

清楚で真面目な感じがしていた○○さんがそんなの本当にするのかなぁ~と思いながらも、彼女は積極的にフェラをし始めました。

徐々に体勢を入れ替えているうちにシックスナインの姿勢になりました。

 

彼女はこの日はHなことばっかり妄想していたためか、すでにあそこはびしょびしょでした。

「あぁぁぁぁ、気持ちいい~」すぐにぴちゃぴちゃと音を立て始めました。

 

「もう、イライラしていたから、すごく気持ちいい~」いつも以上に大量の潮を吹きだしました。

 

すると、すぐに騎乗位を始めました。

 

相当怒っているのか鬼の形相で僕を攻め立てました。

 

 

激しく上下に動き続けました。

「○○よりも、私のほうがうまいでしょ~」

とか言いながら、必要以上にいやらしい音を立てまくって快感を味わっていました。

 

「あぁぁぁぁ、またいっちゃうぅぅぅ~」

すると、僕のほうにお●んこを見せつけながら潮を吹きだしました。

【姉はヤンママ授乳中in熱海編in実家編】
熱海編お試し読みを読みたい方はコチラ
↓↓クリック↓↓

実家編お試し読みを読みたい方はコチラ
↓↓クリック↓↓